効率アップとコストダウンを同時にを期待できる印刷検査装置

サイトマップ

複合機

印刷検査装置なら可変する文字内容の検査にも対応可能

指

製造メーカーの品質管理を行う企業担当者の方、製造ロット番号、日付期限の印字チェックに問題が発生していませんか?ロット番号、賞味期限や消費期限は製品品質に関わる重要な情報です。これらの情報が欠損している場合、クレーム発生につながったり、原因特定を遅らせてしまいます。これらをインクジェットやグラビア印刷しているなら印刷検査装置の導入を検討しましょう。
印刷検査装置は、画像判定や各種センサーで異常を検知するだけではありません。製造ロット番号、各種期限日付のように印刷内容が可変する場合でも対応が可能です。製造ロット番号が変わった際でも、連番になっているか標準品質の文字データと差がないかチェックします。印刷検査装置を導入することで、賞味期限や消費期限の設定ミスを防止したり、判読不能なものが市場流出するような問題を避けられます。また、文字だけでなく、バーコードにも印刷検査装置は対応することができます。近年では製品品質を管理する際にバーコードを個体情報として印刷しています。複雑で印刷潰れが心配なバーコードなどもしっかりと判定してくれます。また、これまで人の目でチェックしており、人海戦術で行っていた日付チェックなども印刷検査装置1台で対応することも可能です。

ピックアップ

一覧へ

お知らせ

»一覧へ

Copyright © 2020 効率アップとコストダウンを同時にを期待できる印刷検査装置 All Rights Reserved.