効率アップとコストダウンを同時にを期待できる印刷検査装置

サイトマップ

複合機

印刷物の品質検査が楽になる印刷検査装置を導入しよう

ローラー

顧客から印刷物制作の依頼を受けて、日々、大量の印刷業務をこなしている会社では、使用している印刷機の性能が高いこともあり、基本的にはミスやエラーの少ない印刷物を用意することができます。それでも、印刷機に任せっぱなしにしておけばパーフェクトな印刷物が仕上がるわけではなく、顧客への納品前に必ず品質検査を行って、不良個所がないかどうか確認する必要があります。印刷物の数が少なければ、まだしも対応のしようがありますが、常時大量の印刷物を扱っている会社では、目視で細かいところまで完全に検査するのは無理があります。そこで、この負担を出来るだけ軽減できる方法を探している企業担当者の方におすすめなのが、印刷検査装置の導入です。印刷検査装置は、印刷物の色ムラや、目視では発見しにくい小さな文字欠けといった印刷物の品質不良個所を自動で検出できる便利な装置です。印刷検査装置があれば、納品前の印刷物検査業務の負担をかなり楽にすることが出来ますし、品質チェックの精度もより高くすることが可能です。現在、導入可能な印刷検査装置の種類はいくつかありますので、業者に相談の上、自社のニーズに一番マッチする仕様、価格のものを導入するといいでしょう。

ピックアップ

一覧へ

お知らせ

»一覧へ

Copyright © 2020 効率アップとコストダウンを同時にを期待できる印刷検査装置 All Rights Reserved.